世界政府

世界政府 旗
空島など一部の地域を除いた超広域に影響力を持つ国際組織で、加盟国は170ヵ国以上に及ぶ。今から800年前に20人の王により創設されたのだが、その創設の経緯は政府が調査を禁止しているため未だ不明である。
イム様と呼ばれる人物が世界政府の最高権力者。五老星よりも偉く、虚【から】の玉座に座ることができる。また危険人物の排除を行う

詳細を見る

本拠地は赤土の大陸(レッドライン)にある『聖地マリージョア』で、4年に一度、世界中の加盟国の王を集めて世界会議(レヴェリー)が開かれる。辺りは海兵や鎧に身を包んだ衛兵がおり、物々しい雰囲気が漂う。
また、マリージョアには政府設立に関わった王達の末裔世界貴族(通称“天竜人”)の居住地域もある。彼らは800年前の政府設立の際、元の領地を別の王族に明け渡して移住してきた19人の王(政府設立に携わったのは20人だが、その内の1人ネフェルタリ家【現アラバスタ王国王家】の王は移住を拒否した)とその一族で、非常に強大な権力を持ち、世界の頂点に君臨している。彼らの言う事には一般人は勿論、政府機関の人間すら逆らえない。
海軍サイファーポールなどを使い、世界の秩序を保っている。だが、徹底した情報統制によって自分たちに不都合なことは隠蔽し、場合によっては強力な軍事力を用いて、民間人の犠牲も厭わず事実のもみ消しを行っている。

 

投稿日:2016年3月7日 更新日:

Copyright© ワンピースの館 , 2018 All Rights Reserved.