シャボンディ諸島

偉大なる航路の前半部にある島。
“島”と呼ばれているが、実際はヤルキマンマングローブと呼ばれる巨大な樹木の集合体で、そのため偉大なる航路の島特有の磁場が発生しない。

詳細を見る
各々の樹木に番号が着けられており、それが島の区画として使われている。
聖地マリージョアを通れない無法者達は、新世界への裏ルートである魚人島を通る海底ルートへの準備をする島として、このシャボンディ諸島を利用している。 そのため、この諸島には偉大なる航路の前半の海で名を上げた悪名高い凶悪な海賊達が集結する地として有名で、それらに睨みをきかせるため、2年前までは近隣に海軍本部が設置されていた(現在は新元帥サカズキの意向で新世界側に移設されている)。

島の住人

シルバーズ・レイリーシャクヤクパッパグケイミーデュバルimageデマロ・ブラックカリブーコリブー

投稿日:

Copyright© ワンピースの館 , 2018 All Rights Reserved.