【ワンピース考察】ロックス海賊団”驚愕の真実”

投稿日:

スポンサーリンク



ロックス海賊団とは?

ロックス海賊団
40年前の海賊団 当時は、強大な力をもっており海を支配していた。

  • ロックスは、海賊の時代を作ろうとした
  • ロックスは、「海賊こそ海の支配者だ」と唱える
  • その思想に惹かれ多くの海賊が集まる
  • 多くの海賊が集まり、巨大な組織になった
  • ロックス海賊団は、海賊たちの拠り所だった
  • ビッグマムやカイドウも所属していた
  • ロジャーやビッグマム、カイドウはそこで力をつけた
  • ロックスの死後、メンバー達はそれぞれ独立する
*予想含む

英雄ガープ

英雄ガープ ロックス
第907話の中でヒナが

「船長を失っても力は増してるわ、ヒナ心配」

と言っているところからすると、海賊団=ロックスの船長をガープが倒したという事が十分に考えられそうです。
とにかく、ロックスを倒したか、ロックスに何らかの大打撃を与えるかして、ガープが海軍の英雄と呼ばれるよ うになったのは、ほぼ間違いないでしょう。

ロジャーの件で、【英雄】になった訳ではなかった。
ミスリードだったのです。

ロックスとシャンクス

シャクヤク シャンクス
シャンクスの年齢が39歳
よく似た名前のシャッキーが、40年前に引退。
そして40年前にロックス。

シャッキーとロックスの子供がシャンクス?

ロジャーが見習いでシャンクスを海賊団に入れた理由もロックスに関わるものなのか?

ROCKS海賊同盟

  • R=ゴールド・ロジャー(Roger)
  • O=?
  • C=シャーロット・リンリン(Charlott e Lingling)
  • K=カイドウ(Kaido)
  • S=シャクヤク(Syakuyaku)





-考察

Copyright© ワンピースの館 , 2018 All Rights Reserved.