考察

【ワンピース考察】ロックス海賊とその能力、そして能力を継ぐ者 その②

投稿日:2019年10月9日 更新日:

スポンサーリンク



ロックス海賊団とは

ロジャーの前はロックスの時代だった。
当時は、強大な力をもっており、海を支配していた。

現在は、船長を失っており、それぞれが独立している。

ロックス海賊団の歴史

  • ロックスは七つの海賊団を従える
  • ビッグマム・カイドウ・白ひげも仲間だった。
  • ロックスは政府を倒して、王になろうとする
  • 38年前、ロックス海賊団は壊滅する【場所はゴットバレー】
  • 壊滅させたのはガープとロジャー
  • ゴッドバレーは跡形もなく消え去る【政府が消した】
  • メンバー達はそれぞれ独立する

メンバーの集め方

ロックス海賊団は一枚岩どころか、お互いが殺し合いをする仲。彼らは何故、ロックスの旗の元に集まったのだろうか?

利害が一致?
ロックスのカリスマ性?

ここで思い出されるのが、フォクシーと戦った
【デービーバックファイト】

尾田さんが描く物語の中に無意味なものは存在しないはず、、、
となると、これが伏線となり、

1つの儲け話の為に個性の強い面々が集った「海賊島ハチノス」

この場所は、あの「デービーバックファイト」が生まれた海賊達の楽園。

ロックスは、そのルールに則って強い海賊達を強引にメンバーにしていったのだろう。
だから、ロックス海賊団のメンバー同士でイザコザが起きるのも納得できる。

黒ひげとロックス

まず、黒ひげはロックスの【ジーベック】の名を船の名前にしたり、活動拠点を【ハチノス】にしたり、明らかに関わりがある匂いがプンプンします。

ロックスは38年前にロジャーとガープに敗北したそうですが、
ティーチの年齢は現在40歳なので、彼がロックスの子供だという可能性も考えられます。

最凶の能力

このように黒ひげとロックスに何らかの関係があるとすれば、ロックスの悪魔の実の能力が「ヤミヤミの実」だった可能性もありえるのではないでしょうか?

そうやって見ると、ロックスのシルエットや海賊旗も、モヤッとしていて”闇”を表現しているようにも感じます。



-考察

Copyright© ワンピースの館 , 2019 All Rights Reserved.