シーザー・クラウン

シーザー・クラウン
新世界にある島パンクハザードに住む科学者。部下からはM(マスター)と呼ばれている。笑い方は「シュロロロ」。
大量殺戮兵器の第一人者であり、元は世界政府Dr.ベガパンクの同僚として働いていた。政府に在籍していた頃は科学班のNo.2として活躍していた。研究成果を人を殺す能力の高さでしか評価しないマッドサイエンティスト。その非道さが災いして大量殺戮兵器製造の罪で政府の科学者の職を失った。

詳細を見る
自然系悪魔の実【ガスガスの実】の能力者。自身の体をガスに変化させたり、可燃性ガスや毒ガスを放出できる。また、一定範囲の空気を操り酸素を奪うことで、相手を酸欠状態に陥らせることも可能。ガスの力で空を飛ぶこともできる。

パンクハザード編

一度は政府に捕まるが、監獄船から脱走し、1年後再び島に戻る。事故で下半身不随になった囚人たちに科学力の足を与え、部下とする。人体巨大化の実験台として新世界各地から子供たちを誘拐し、彼らが施設から逃げないよう毎日覚醒剤入りのキャンディを与え、薬物依存にさせていた。
トラファルガー・ローを島に滞在させ、彼の能力で部下に動物の足を与えた。

ドレスローザ編

身柄をローと一味により拘束され、そのままサウザンドサニー号に乗せられパンクハザードを出港した。
ドレスローザに着くとドフラミンゴ失脚を目論むローにより「交換条件」として引き渡されそうになるも取引失敗。
更にスポンサーだったビッグ・マムの研究金を着服していたことが発覚し、ビッグ・マムから逃れるためサンジ率いる仮設チーム「ぐるわらの一味」に身柄を拘束されたままサウザンドサニー号で「ゾウ」へと送致される。

ゾウ編

ゾウ上陸直前に、カイドウの部下ジャックの撒き散らした神経系毒ガス兵器「KORO」でモコモ公国は壊滅的な被害を受けていた。チョッパーやサンジに脅される形で無理矢理中和・解毒に協力させられてしまう。
その後ビッグ・マムの追っ手がゾウに着いたことで、サンジと共にカポネ・ベッジに捕まり、ビッグ・マムの本拠地であるホールケーキアイランドに護送されるハメになる。

ホールケーキアイランド編

ビッグ・マムに研究の進み具合を問われ、パンクハザードの研究所が破壊されたことを口実に「巨人薬」を作ることは不可能だと誤魔化そうとする。
だが、ペロスペローの能力によって既にパンクハザードと同じ研究所が造られ、さらに彼に自分の心臓を握られていることから逆らえない状況に陥り、2週間以内に研究を成功させないと殺すと脅される。


【技一覧】
★ガスローブ
毒ガスを相手の体にまとわりつかせる。

★ガスタネット
カスタネットのような道具で自身のガスに点火し、爆発を起こす。ペットのスマイリーを巻き込むことでさらなる大爆発となる。

★燃焼系ミオークGAS
マッチでガスに引火させ、周囲を燃やす。

★無空世界(カラクニ)
一定範囲の空気から酸素を抜き、相手を窒息させる。

★青炎剣(ブルーソード)
酸素を使った炎の剣。

★ガスティーユ
口からガスのビームを放つ。鉄をも溶かす威力のガスバーナー。

★RO・KO
モコモ公国を壊滅させた神経系毒ガス兵器「KORO」を中和するガスを精製・散布する。サンジに脅されて使用した。ある意味、KOROの開発者であるシーザーならではの技とも言える。また、この知識を活かして既に毒ガスに侵された者を解毒するための薬も作らされている。

名言集

人間はみな本気でてめェの身を守ろうと考えた時、
敵を殺す手段を欲する!!
みんなおれが必要なんだよ!!!
実験失敗!?
島一つ殺してみせたおれの兵器の…!!!

どこが失敗だ世界政府!!!
おれは誰より敵を殺せる!!!

投稿日:

Copyright© ワンピースの館 , 2018 All Rights Reserved.