【ワンピースまとめ】ポーネグリフ

投稿日:

歴史の本文(ポーネグリフ)とは

ポーネグリフ
世界中に点在する、歴史を示した石碑。決して砕けない硬い石に、古代文字で歴史が刻まれており、古代文字の知識を持つ者にしか解読できない。約800年前ワノ国の石工の一族光月家により作られた。
石碑は「情報を持つ石」と「その石のありかを示す石」との2種類がある。

光月一族には代々古代文字(歴史の本文)の読み書きが伝えられてきたものの、モモの助の父親【光月おでん】がモモの助にその読み書きを教える前に処刑されてしまったため、途絶えてしまった。
現在は本文を読めるのはロビンただ一人。

各地に点在している歴史の本文

その①
アラバスタ王家の墓に隠されていたポーネグリフ

その②
シャンドラが守り続けていたポーネグリフ

その③
オハラにあったポーネグリフ

その④
ロビンが放浪中に見つけたポーネグリフ

その⑤
「魚人島」海の森の奥地にあったポーネグリフ

その⑥
ジンベエの海侠一人旅での遺跡

ますはその①と②のポーネグリフには、アラバスタのプルトン、シャンドラのポセイドンと共に古代兵器のありかが記されていました。⑤は空白の100年に実在した地上の人物「ジョイボーイ」が、当時の人魚姫に宛てた文章が綴られている。その内容は、魚人島との約束を破ったことへの謝罪文だという。
ジョイボーイ

ロードポーネグリフ

ロードポーネグリフ

・赤い石ロードポーネグリフは、世界に4つある

・"四皇”ビッグマムと“四皇”百獣のカイドウが、ロードポーネグリフを1つずつ所有している

・ポーネグリフは奪う必要は無く、魚拓の様にその“写し”を集めるのが普通

・ロードポーネグリフが標す地図上で4つの点を結び、その中心に浮かび上がるのが“最後の島”ラフテル





-まとめ

Copyright© ワンピースの館 , 2018 All Rights Reserved.