エドワード・ニューゲート

白ひげ 子供白ひげエドワード・ニューゲート
白ひげ海賊団船長。四皇の1人。かつて海賊王ロジャーと唯一互角に渡り合った、大海賊時代の頂点に君臨する「世界最強の男」。
ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」に最も近い存在とされ、その伝説的・怪物的な雷名は世界中に轟いている。

超人系悪魔の実の中でも最強とされる「グラグラの実」の能力者の地震人間。空間を殴りつけることで大気にヒビを入れて震動を起こし、地震・津波や衝撃波を発生させたり、拳や武器の薙刀に震動のオーラを纏わせて攻撃することで対象に直接地震の衝撃力を見舞うことができ、その破壊力は「世界を滅ぼす力」とまで称される。

世界政府によるポートガス・D・エースの公開処刑を阻止するため、白ひげ海賊団と傘下の海賊を率いて、マリンフォードで頂上戦争を繰り広げた。戦闘中に新たな時代の到来と自分の死期を悟り、自ら盾となり全軍退却を命じた。
最後は黒ひげ海賊団の凶弾を受け命を失うが、白ひげが最後に残した言葉「ワンピースは実在する」は再び世界中の人々を海に駆り立てることとなった。

名言集
俺の息子になれ!

今死ぬには惜しいな小僧
まだ暴れたきゃこの海で俺の名を背負って
好きなだけ暴れてみろ・・・!!!

誰から生まれようとも、
人間みんな海の子だ!!

海賊なら!!!
信じるものはてめェで決めろォ!!!!

ずいぶん長く旅をした・・・
決着をつけようぜ・・・海軍!!!

ほざくだけの威勢の塊・・・・!!
若く・・・無様・・・!!!
そいいうバカは好きだぜ

おらぁ時代の残党だ!
新時代に俺の乗り込む船はねぇ

死してなおその体屈する事なく
満身創痍で敵をなぎ倒すその姿
敵を薙ぎ倒すその姿。
まさに『怪物』
この戦闘によって受けた刀傷、
実に二百六十と七太刀
受けた銃弾、百と五十二発
受けた砲弾、四十と六発
『さりとて、その誇り高き後ろ姿には
あるいはその海賊人生に一切の逃げ傷なし』

投稿日:

Copyright© ワンピースの館 , 2018 All Rights Reserved.