シルバーズ・レイリー

シルバーズ・レイリー
シャボンディ諸島のコーティング職人。
元ロジャー海賊団副船長。海賊王ロジャーが海に出た時からの相棒であり、その名は誰もが一度は耳にし様々な文献に載っているという生きる伝説。
現在はシャボンディ諸島に身を潜め、コーティング職人通称「レイさん」として船のコーティングを請け負っている。

頂上戦争時はシャボンディ諸島からロジャーの長年のライバルだった白ひげの死を涙ながら見届けた。
マリンフォード頂上戦争終戦後、女ヶ島でルフィと再会。仲間との再会を望むルフィを諭し、ルフィの「16点鐘」の行動に協力した後、無人島ルスカイナでルフィに覇気の修行をつけた。1年半で基礎を教え終わりルフィより半年先にシャボンディ諸島に帰り、その半年後、再集結した麦わらの一味の船出を見送った。

名言集
今の時代を作れるのは
今を生きてる人間だけだよ…………!!

戸惑いこそが人生だよ
黄猿君……!!!

弟子の船出だ
よしなに頼むよ…
この線は……越えない事を…勧める…

投稿日:

Copyright© ワンピースの館 , 2018 All Rights Reserved.