キャラ図鑑

【ワンピース考察】ワノ国最強の漢 光月おでんまとめ

投稿日:

スポンサーリンク



『ワンピース』は現在ワノ国編の最中。

このワノ国を20年前まで統治していた将軍大名が「光月おでん」。かつて四皇最強のカイドウと戦って処刑された悲しき大名。

※熱々のおでんから、熱い漢という事か?

生い立ち

光月おでんとは、かつてのワノ国・大名(将軍)。光月モモの助と光月日和の父親にして、光月トキの旦那。見た目は服装など含めて、完全な歌舞伎役者。

当時のワノ国将軍・光月スキヤキの子供として生を受ける。生誕地はおそらく花の都。もし光月おでんが今なお生存していた場合、現在の年齢は57歳前後。

  • 0才時
    光月おでんは産まれた瞬間、自らを取り上げてくれた乳母をまさかの投げ飛ばしたそう
  • 2歳
    光月おでんはピョンピョンと飛び跳ねるウサギを同時に捕獲
  • 4歳
    大岩を投げ飛ばしてクマを倒す
  • 6歳
    遊郭に入り浸った上に、城のお金を注ぎ込んで散財
  • 8歳
    酒の勢いで博徒たちをフルボッコ
  • 9歳
    ヤクザのブラックリストに載って賭場を出入り禁止にされる
  • 10歳
    賭場を仕切るヤクザたちに復讐して、跡取りにも関わらず逮捕されてしまう
  • 14歳
    日照りや干ばつに苦しむ市民を助けるために、川を無理やり曲げて花の都に水路を引いたものの結果的に大水害を引き起こす
  • 15歳
    山寺に勝手に住み込み、女性を集めては夜な夜なハーレムまがいの日々を楽しむ。しかし女性には侍の彼氏がいたため、光月おでんと大乱闘。ここには花のヒョウ五郎も参戦するなど、後にハーレムの乱と呼ばれた

モデルは誰か?

光月おでんは知人の遺体が火葬される火力を使って、おでんを食べるなど傍若無人な性格から疎まれこそしたが、あくまでおでんなりの粋な手向け。後に九里城が「おでん城」という愛称で呼ばれるなど、ワノ国の国民の誰から愛されていた。

破天荒な行動から、“織田信長“説があります。

そうなると裏切り者のオロチは明智光秀か?
そうなると、【本能寺の変】

家臣の一人である”明智光秀”が謀反を起こし、信長は寝込みを襲われてしまうのです。
助かる道がないことを悟った信長は自ら本能寺に火をつけ、自害したとされています。

可能性としては一番高いと思います。

二本の愛刀

おでんの愛刀という事で、最上大業物への期待もありましたが残念、、、
ワノ国でお披露目になるかは判りませんが最高ランクの刀が出てくるのか?

四皇クラスの実力

30年前の白ひげと対決、頂上決戦の時より遙かに強く若い白ひげ。
そんな彼と対等に戦えそうな雰囲気を持っている“おでん“はやはり、四皇クラスと言えるでしょう。



-キャラ図鑑

Copyright© ワンピースの館 , 2020 All Rights Reserved.