まとめ

【ワンピース公式小説】ONE PIECE novel LAWまとめ ネタバレ注意

投稿日:

スポンサーリンク



●コラさんと落ち合う場所だった「となり町」の名は「プレジャータウン」

「プレジャータウン」は、30年前にアルトゥール・バッカ率いる海賊団によって滅びかけた。
海賊事件後に「誰もが喜べる町を。誰もが優しくあれる町を」という標語が作られ、町に訪れる者たちをできる限りあたたかく迎え入れるという精神が根付いている。

●ローは末期の珀鉛病を、食べたばかりのオペオペの実を使い自分自身で完治させた

●能力発動のキッカケはローの「意志」

●ベポの兄ゼポの名前はミンク族の言葉で「イケメン」という意味

過去にペドロと共にWCIに潜入したことが発覚している。ゼポ。
ワンピース ゼポ

●シャチとペンギンはローに命を救われた事で子分になった

●シャチとペンギンはスワロー島出身

スワロー島
ミニオン島とルーベック島の南にある、ツバメの形をした島。
ワンピース スワロー島

●ロー達はヴォルフという爺さんと共に5人で3年半の共同生活を送った

●ロー達の暮らすスワロー島には「財宝伝説」と「海底を飛ぶツバメ」の噂があった

●約60年前に島に来た有名な海賊「キャプテン・ラドガ」率いる海賊団がどこかに隠した財宝

●海底を飛ぶツバメの正体は後にハートの海賊団の海賊船となる潜水艇「ポーラータング号」

●ローが自分の両指に「DEATH」という文字を掘った理由は「医者として、いつでも死をそばに感じたい」から

●ローの技「カウンターショック」は、体の中に流れる微弱な電流を右手の親指に集め、凝縮し、増幅させ打ち出すもの

●ベポはスワロー島での戦いで無意識の内に「月の獅子(スーロン)」化した事がある

ミンク族の最強の奥手が
「スーロン(月の獅子)」
ワンピース スーロン

●ハートの海賊団の「ハート」とは、コラさんから受けた「愛」とヴォルフの「優しさ」、仲間達への「信頼」の全てがこもってる

●ハートの海賊団という名前は「海賊旗のマーク」より後に作られた

●北の海で人攫いをする悪い海賊達を壊滅に追い込んだハートの海賊団



-まとめ

Copyright© ワンピースの館 , 2020 All Rights Reserved.