ネタバレ

【ワンピースネタバレ】第962話『大名と家臣』更新③

投稿日:2019年11月15日 更新日:

スポンサーリンク



簡易バレ

アシュラ童子妥当のため白舞を後にスキヤキも手が出せない犯罪者の溜まり場であるし久里へ向かうおでん

おでんが去った後金庫に閉まった金が亡くなっており犯人だったオロチはおでんのせいにする

おでんはワノ国中で暴れながら久里を目指し自分を慕う者達をお供にする

久里を見事変えることに成功したおでんの快挙にスキヤキは絶縁を解き久里大名の称号を与えた

それから6年の月日が流れ海では壊滅したロックス海賊団の残党達が新たな仲間を集めその名を広めていた頃
河松は久里ヶ浜で人間なのかそうでないのかよくわからん2人が流れついてるのを発見する

本編

行く当てがなかった光月おでん、金衛門、傳ジローですが、九里に向かうことに。

九里は光月スキヤキも手が出せないほどの犯罪者がのさばり、たまり場としている郷。

そして九里を牛耳っているのはアシュラ童子だと知り、打倒のため白舞を後にする。

おでんが去った後金庫に閉まっていた金がなくなっていることが発覚。

犯人は黒炭オロチだが、オロチはおでんのせいにする。

更にこの時オロチはヘビヘビの実も盗んでいた…。

光月おでんはワノ国中で暴れながら久里を目指し、際中で出会う自分を慕う者達をお供にする。

その中での一件が鈴後での出来事。

腹を空かせている小汚い兄弟に出会った光月おでんたち。

舞踊の家元、元花柳流の子であり、兄はイゾウ、弟は菊の丞(お菊)。

年は見たところ、イゾウが8歳くらい、菊の丞が4歳くらい?

兄イゾウが扇子を両手に持って踊り、弟菊の丞が三味線を弾き、舞いによって日の稼ぎを得ようとするも、鈴後という土地柄雪が降り積もっており町の者の態度は冷たかった。

光月おでんが話を聞くと、父親が罪人となってしまい家族が散り散りになってしまったと。

とても腹が空いていたのか、光月おでんが作ったおでんを勝手に食って涙を流していた。

そして、九里の荒くれ者を退治し、自らを信頼させ、見事郷ごと変えることに成功した光月おでん!

この快挙に光月スキヤキは絶縁を解き、光月おでんは「九里大名」の称号を得ることとなった。

すでに光月おでんの家臣である「赤鞘九人男」にはこの時点で下記メンバーが。

  • 錦えもん
  • カン十郎
  • 雷ぞう
  • アシュラ童子
  • 傳ジロー
  • イゾウ
  • 菊の丞(お菊)

更におでんは、荒くれ者の王になると宣言します!

そして、スキヤキから九里大名の地位を与えられると、一緒にこれまでついてきたもの、そしてアシュラ童子も含めて家臣とすることに!

これには赤鞘たちもうれし泣き…!

それから6年の月日が流れ、海では壊滅したロックス海賊団の残党達(白ひげ、ビッグ・マム、カイドウ、シキ、キャプテン・ジョン?)が新たな仲間を集めその名を広めていた頃…。

ワノ国の九里ヶ浜を歩いていた河松は、人間なのか動物なのかよくわからない2体が流れついてるのを発見する。

動物か?毛深い人間か?異形の化け物か?気味が悪いな!!と言いながらも枝でツンツンする河松。

その打ち上げられていた謎の生き物こそが、イヌアラシとネコマムシだった!



-ネタバレ

Copyright© ワンピースの館 , 2019 All Rights Reserved.