ネタバレ

【ワンピースネタバレ】第961話 展開予想 まとめ①

投稿日:

スポンサーリンク



展開予想①

ワノ国「花の都」

山の神『フゴフゴ!!』

『ブオォォォオ…!!』

モブ達…

『“山の神”だァ…!!』

『刀じゃ歯が立たねェぞ!!逃げろォ!!』

『アイツが突っ込んでくるってこたァ、

子猪が都にいるってことか!??』

錦えもん『おれのせいで…都はもうお終ェだァ…!!』

錦えもんは泣き喚きガクブル…。

傳ジロー『光月おでん…!?あの白猪を止めれるの!?』

おでん『いやァ、知らねェが…。』

『“黒駒“の親分とは、ちょっくら因縁があってよォ…。』

『いいから、その猪はおれに寄越せって!!』

ガシッ!!

ダッダッ!!

おでんは子猪を奪って山の神の方へと駆けていく…。

傳ジロー『大丈夫かなぁ。おでんさん…。』

錦えもん『おれの…せいで…。』

傳ジロー『あ…錦さん…!!』

『向こうの峠には、“鶴女“の茶屋があるんじゃ…!?』

錦えもん『あァ…!?鶴女~!!』

その頃、花の都「裏鳥居」では…。

鶴女『きゃー!!』

モブ男『もう少しで都だ…!!鶴女!!』

なんとか、峠から逃げてきた鶴女達…。

鶴女『でも脚が…。もう走れないよ…!!』

『それに…峠の茶屋もメチャクチャに…!!』

モブ男『店はまた作りゃあ良いだろう…!!』

『とにかく、逃げるんだ!!』

山の神『フゴフゴ!!』

『ブオォォォオ…!!』

ズドドドド…!!

白猪が迫ってくる…。

鶴女『はァ…はァ…。もうダメ…。』

モブ男『鶴女…!!』

鶴女が倒れかけたその時…!!

ドンッ!!

鶴女『…!??』

光月おでん『大丈夫かい??』

『お嬢ちゃん…!!』

なんと、おでんは片腕で白猪の突進を止めてしまった…!!

山の神『フゴッ!?フゴォ!!』

モブ達…

『光月おでんだァ…!!』

『すげェ!!山のような猪を片腕で止めちまった…!!』

鶴女『あれが…おでん様…!?』

ぽっ…。

山の神『ブオォォォオ!!』

おでん『お前が取り返しに来たのはコイツだろ!?』

子猪『フゴフゴ…!!』

おでん『へへ!!返して欲しけりゃ、こっちに来てみな!!』

子猪を抱えて、どこかに走って行くおでん…。

山の神『フゴブオォォォオ!!』

怒り狂う山の神…!!

花の都の外れ
黒駒一家の「隠れ家

子猪『フゴ!!フゴ!!』

山の神『フゴォォォオ!!』

ドガアァァァン…!!

山の神は黒駒の隠れ家に突進…!!

黒駒『うぎゃあああ…!!』

『潰される~!??』

おでん『よっしゃああ…!!』

『よくも賭場を出禁にしてくれたなァ!!黒駒の親分…!!』

黒駒『てめェ、光月おでんか!??』

『よくも…!!』

おでん『それに、堅気に迷惑掛けてんじゃねェよ…。』

ガンッ!!

黒駒『ぐはッ…。』

錦えもん達も追いついてくる…。

錦えもん『あの野郎、一人で黒駒一家を潰しやがった!?』

傳ジロー『でも、山の神はまだ止まらないよ…!!』

おでん『まァ、任せとけって…!!』

ギンッ!!

おでんが放ったのはまさに
「覇王色の覇気」…!!

山の神『くぅぅん…。』

突如おでんに懐いたかのように、大人しくなる山の神…。

おでん『お前の子供は返す!!悪かったな…!!』

ぽんぽん…!!

山の神『ふごぉお!!』

こうして、白猪の親子は森へと帰っていった…。

錦えもん『すげェ。』

『これが…光月おでん…!!』

九里「頭山」

アシュラ童子『てェへんだ!!てェへんだァ…!!』

ダッダッダッダッ!!

“アシュラ童子”
(当時15歳)

???『なにごとだ!?アシュラ坊…!!』

アシュラ『アシュラ坊って呼ぶんじゃねェ!!』

『それより、てェへんなんだよ!!親方ァ!!』

『花の都の黒駒一家が潰されたぞ!!』

『あの…光月おでんに…!!』

???『光月おでん!??』

『まったく、ハタ迷惑な男だ…!!』



-ネタバレ

Copyright© ワンピースの館 , 2019 All Rights Reserved.