ネタバレ

【ワンピースネタバレ】第955話 『閻魔』裏切り者の内通者は誰だ⁉︎

投稿日:2019年9月12日 更新日:

スポンサーリンク



第955話 扉絵

「“ギャング”ベッジのオーマイファミリー」の第6弾

ひとまず近くの島で物資買い出しに出かけたベッジ一同。

大業物 妖刀

おでんの愛刀である閻魔と天羽々斬の位列が確定する。

どちらも「大業物」21工。

天をも斬り落とす天羽々斬

地獄の底まで斬り落とす閻魔

飛徹によると、まだ閻魔は黒刀に成っていない。

ゾロが閻魔で木に向かって試し切りを試みる!

しかし錦えもんからは、優しさではっきり言うがおすすめしない、と不穏な言葉。

何とそのひと振りで、海岸が斬れてしまうほどの威力!!

ワンピース 955

思わず見ていたサンジ、ナミ、モモの助は仰天!!

しかし、ここでゾロに異変が!

閻魔を持っていた右腕がギュウッと骨だけになるかのごとく細くなってしまう!

ワンピース 955

飛徹によると、なんと閻魔は持った者の流桜(覇気)を勝手に吸い上げて放出してしまう刀…

並の者なら干からびてしまうほどと、三代鬼徹以上に妖刀らしい刀だった。

これまで数々の難戦を戦い抜いてきたゾロ。

再び閻魔と対峙し、返せ!とゾロは閻魔から流桜を奪い返し腕が元に戻る。

刀鍛冶

和道一文字と閻魔は同じ者が作ったということ。

50年以上前に違法出国した「霜月コウ三郎」

既に閻魔がゾロの手になじんでいたが、その理由はゾロが今持つ二本が同じ生みの親だったから。

日和はその和道一文字が閻魔と同じ人物が生み出したと気づき、ゾロに与えようと考えたのではと飛徹が言う。

そして、三代鬼徹と天羽々斬は飛徹が作った刀だという。

飛徹は天羽々斬をモモの助に渡すも、モモの助は辞退して返却。

しばし預かってくれるようにと頼まれる飛徹…。

そして、ルフィが持ち出していた二代鬼徹は無事お菊が持っており、飛徹へと返却された。

河松とゾロが言うには、日和は決戦前のために他人には会わないようにしているという。

むやみに自分の顔が知られては困るのか、戦の邪魔になってはと思っているのかもしれない。

日和がモモの助の妹と知ると、サンジは途端にモモの助に親切になる

囚人採掘場

ルフィが流桜をほぼ会得している!

松の木にルフィがびゅっ!と、武装色硬化している拳を向けると、ドパァン!とその方向に銃弾が当たったかのような大きな衝撃が松の木に走る!!

これを見てニヤリとするルフィ。

ワンピース 955

そしてルフィが兎丼より200人の軍勢を引き連れて編笠村へ到着!

決戦まであと1日

錦えもんは、さきに出発することを告げて、ルフィに

「頼りにしている」

と。

「見つかるなよ。」

と注意するルフィ。

編笠を被って、出立するサムライたち。

康イエとペドロの墓。

決戦に勝利したら、もっと大きな立派な墓を建てることを誓う一同。

ゾロが修行。

閻魔は、まだ黒刀に成っていないため、ゾロの仕上がり次第で、位列が上がることが判明する。

ルフィは、松を相手に流桜を成功させている。

「しししし、みてろカイドウ!」

意気揚々。

内通者

場面が変わってオロチ。

兎丼が無事という報告を聞いて誤報なのか?と不思議がるオロチ。

ヤスイエという犠牲を払ったのに、オロチには常影(トカゲ)の件が、あっさりバレています。

あと日和の生存もバレてます。

ルフィ側に、カイドウ側の内通者がいることは、ほぼほぼ確定か。



-ネタバレ

Copyright© ワンピースの館 , 2019 All Rights Reserved.