ネタバレ

【ワンピースネタバレ】第945話『おりん』完全版 クイーンの能力が判明

投稿日:2019年6月7日 更新日:

スポンサーリンク



扉絵

8/9公開の新しい映画ONE PIECE STAMPEDE

花の都での戦い

ワンピース ネタバレ945

人々
『羅刹から離れろー!乱闘だー!!』

麦わらの一味とオロチの家臣との乱闘が始まり人々は混乱していた!

オロチ
『やれやれ!ヤスイエの味方はワシらの敵じゃ!』

『周りの奴らも前の奴らもじゃ!』

ゾロ
『待て!!オロチ!!』

ヤスイエが処刑され、オロチのSMILEを使用しての残忍な行為をゾロは決して許さない。

だがその前に狂死郎が立ちはだかる。

狂死郎
『やめておけ、浪人』

人々
『強え、ゾロ十郎!狂死郎親分に張り合うなんて』

ゾロ
(何者だ、こいつは…)

狂死郎はニヤリと笑みを浮かべている。

そしてついに、オロチ直属御庭番衆が見参した。

福ジュロウ
『こいつらは麦わらの一味の者だな』

バジル・ホーキンスから話を聞いていた福ジュロウはすでに麦わらの一味が潜入していることを知っていた。

福ジュロウの掛け声とともに麦わらの一味に襲いかかる御庭番衆。

サンジはおトコをウソップに託しドレークとの戦闘に集中している。

ウソップはおトコを抱えて逃げに徹していた。

おトコは
『お父様ぁぁぁぁ!!あははは』

とまだ嘆き悲しんでいる。

サンジはドレークとの戦闘に集中!

だが、ゾオン系古代種の力におされていた。
尻尾の攻撃で吹き飛ばされる!

ドレーク
『お蕎麦マスクのお前が何を調べていたんだ!!??』

『お前は調べによるとヴィンスモークのせがれだと聞いたな』

怒りを顔に出しながらサンジは叫ぶ

サンジ
『二度とその名前で呼ぶんじゃねぇ!!』

日和はおトコの安全の確認をしてホッとしているが、ブルックから日和自身も逃げるべきだと釘を刺される。

ブルックも負けじと応戦する。

お得意の魂で御庭番衆をビビらせにかかるブルック。

御庭番衆
『また、がしゃどくろが出たぞー!!!』

大黒
『雷神、風神。ゾロ十郎と一緒にいる女を拐ってこい』

指名された二人は承知した、と一言告げ日和誘拐に走る。

磔処刑場

ホーキンスの近くにトラファルガー・ローがいきなり登場!!

ハートの海賊団一員
『キャプテン!!!!』

ローの到着によりハートの海賊団は安心しているが、登場するやいなや、ベポがいないことに気づく

そしてホーキンスから挑発の一言がはいる。

ホーキンス
『お前は俺には勝てない。』

ホーキンスは冷静に自らの体を自分の剣で傷つけた!するとハートの海賊団一員シャチの体が切れて、ホーキンスは無傷である。

ホーキンス
『4人分のクルーの命を犠牲にする覚悟はあるか。』

ホーキンスは自身の能力で、ハートの海賊団クルーの命を身代わりとしているのであった。

日和・ゾロ

日和の悲鳴が上がる

サンジ
『女性の助けを呼ぶ声がする!!』

『美しい女性が危ない!!』

サンジは悲鳴1つで美しい女性と認識ができるようだ。

ドレークの攻撃をかいくぐり、ドレークを無視して日和の助けにいく。

だが、ゾロが日和の助けにはいる。

ゾロ
『何考えてんだお前!早く逃げろ!』

日和
『ごめんなさい!!顔を隠してたのですが、、、』

サンジはゾロと美しい女性が親しい仲ということを知り嫉妬の嵐。

サンジ
(あのお美しい女性と俺より懸賞金の低いマリモが親しい仲だと!!??)

アシュラ童子・錦エモン・イヌアラシ

あたま山を燃やされて怒り心頭のアシュラ童子は錦エモンをボコボコにしていた。

イヌアラシ
『すまんアシュラ童子!!待ってくれ!!』

錦エモンは地に伏せながら今回行った事の重大さをアシュラ童子に伝えた。

計画のためにあたま山を燃やしたこと。

酒天丸はそれが許せなかったのだ。

イヌアラシ
『頭山が燃えたことは悪いと思っている。』

錦エモン
『ああする以外方法がないと思ったのだ』

『お前が20年間、どんな思いで来たのかも考えることなく。傲慢に進めてしまった。』

『作戦の期限も迫っていたのもあって、強引なやり方になってしまったことは申し訳ない』

『ヤスイエ殿も、自分の身を犠牲にして敵を欺き、この計画を進めようとしてくれたのだ』

その計画とは今もヤスイエや多くの味方の力で進行中

キンエモン
『火祭りの夜に、鬼ヶ島に向かう!』

『そして、もし今花の都で捕まっている侍たちが解放されれば、助けにに来てくれるだろう』

『頼む!!一緒に戦ってほしい!!』

すると、ここまで黙って話を聞いていたアシュラは、酒を一口飲みようやく口を開いた

アシュラ童子
『お前達にみせたいものがある…』

ビッグマム VS クイーン

ようやく採掘場に到着したビックマム

クイーンの部下
『ビッグマム!!!!!?????』

クイーン・ルフィ・囚人たちはビッグマムが現れたことに目玉を飛び出しながらびっくりしている!

ビッグマム
「おしるこのかおりがするねぇ!!!』

チョッパー
『どうして、ここにおしるこがあるんだ!!??』

チョッパーもどうしてここに来たのかもわからないといった様子だ。

お菊はモモの助とおタマに安全なところにいるようにと告げて隠れるように指示した。

囚人採掘場はカイドウの部下である大看板のクイーンがいるから危険だと告げる。

お菊はチョッパーに対して最高の信頼を置いている。

チョッパーはどうしてお菊がそこまで信頼してくれているのかわからないといった様子。

採掘場ではクイーンとビッグマムが言い争いをしている。

呑気に
「腹が減っているからおしるこを持ってこい」と言い、自分はここに来れば沢山おしるこが食えると聞いたから、はるばるここに来たのだと楽しそうに笑っているビッグマム。

しかし、クイーンはそのビックマムの反応に怒りを露わにする。

クイーン自身お汁粉を食べれていないということもありクイーンは少しづつ変形をしていく

そんななか、ルフィはクイーンに向かって、必死に抗議した。

ルフィ
『おい!あの2人は水の中に浸かったままだぞ。話し合いをするなら引き上げてからにしろ』

クイーン
「これがただの”話し合い”に見えるのか」

そして完全に姿を変えたクイーンは、リュウリュウの実・古代種 モデル プラキオサウルスの能力者。

大きな恐竜の姿で、大声で叫ぶのだった。

「おしるこをよこせ」と、ビックマムがクイーンの頭を地面にたたきつける。

クイーンはビックマムを持ち上げていたのではない、持ちあげられていたのだ。

そして大きな物音と共に、クイーンを心配するような悲鳴が響く。

もはや兎丼採掘場は、大混乱である



-ネタバレ

Copyright© ワンピースの館 , 2019 All Rights Reserved.