ネタバレ

【ワンピースネタバレ】第938話『女の秘密』確定

投稿日:2019年3月28日 更新日:

スポンサーリンク



女「なんて強さ…」

ゾロ「ゼェ、ゼェ…」

「…クソっ…決戦の前だってのに怪我しちまった…!」

牛鬼丸
(ニヤッ)

ゾロの視界が暗くなる

女「お侍様!!」

場面変わって、九里廃村

錦えもん「イヌアラシ!今までどこにおったのだ?」

イヌアラシ「どうかしたのか、錦えもん」

錦えもん「大問題だ!三日月紋様の秘密と暗号が漏れただと!?」

キャロット「もう台無しだー!どうしたらいいの、公爵?」

錦えもん「細心の注意を払っておったのに何故バレた?
紋様の紙が敵に渡った可能性を考えて暗号を仕込んでいたが…
それでも我らのつながりがバレてしまった!!
都では同志がカイドウとオロチの部下に次々と捕らえられている…」

場面変わって、花の都

モブ「捕まえたぞ。三日月模様と暗号だ!
この紋様がカカトにある者は例外なく裏切り者だ!見かけたらすぐに報告せよ!」

ホーキンス「噂が広まるのが早いな。都の人間なら誰もが
この件を知ってる。もはや気軽に銭湯を偵察することもかなわん。
よかったな、ドレーク」

ドレーク「どういう意味だ?貴様のせいでおれ達の獲物が逃げたんだぞ!」

場面変わって花の都、歓楽街

部下「小紫の通夜は中止になったそうです、親分。
あれほど市民が取り乱していたら不都合なことが起きかねません。
明日の葬儀ではもっと混乱するでしょう。
少なからぬ市民が狂四郎親分を恨んでます。お気をつけを」

狂四郎「何を無茶な…あの場を収めるにはああするしかなかったのだ。
小紫を失って一番損したのはおれだぞ。オロチ将軍は
この紋様のせいで怒り心頭なんだろうな」

場面変わって、エビス町

サンジ「ふたりともやめろ!喧嘩しても何も解決しねェぞ!
仲間ってのはいつだって信用してやるもんだろ!
あ、おれ、ほぼ何も見えねェんだけど…」

ナミ「あんたが一番信用できないのよ!」

フランキー「何があったら人間の顔があんなに腫れ上がるってんだ…
どんだけ思いっきり殴ったんだよ…」

シノブ「あんたの仲間のあのクマ達が計画を漏らしたに決まってる!明らかよ!」

ロー「ベポ達は裏切るくらいなら死を選ぶ!見くびるんじゃねェ!
奴らを助けてくりゃ、お前も信用するさ!」

サンジ「待てよ!そんなことすりゃ飛んで火に入る夏の虫だろ、トラ男!」

シノブ「捕虜は抹消すべきだわ!始末しないと!」

ウソップ「怖ェよ、シノブ!」

ロー「いま何つった?(怒)」

シノブ「忍者の常識よ!これは遊びなんかじゃない!
この機を20年も待ってた!今回しくじったら二度とチャンスは巡ってこない!」

カン十郎「やめろ、シノブ!」

シノブ「カン様…」

カン十郎「常に思い通りにいくとは限らぬ!イラ立つのは分かるが、
この者たちと同盟できたこと自体が既に奇跡だ!
彼らの助力を失えば、おでん様の宿願を果たすことも叶わぬぞ!」

トの康「いよおおお!ちょいと失礼するよ。外から声が聞こえちゃったんだ。
あんたらの声はでっけェからな!」

ナミ「ちょっと待て、あんた一体誰よ?」

トの康「うおお!美の女神さまか何かか!?」

ナミ「まあ…どうぞ中へ入ってお座りに」

ウソップ「おいおい…」

トの康「お!あんたもしかして…シノブかい?で、あんたは…カン十郎!?
都で噂が広がってるよ!聞いてるとワクワクしてきたんだ!
つまり、ようやく決戦のときってわけですかい!?」

場面変わって林後、北の墓地

ゾロ「ん?おれの刀は!!」

女「きゃあああ」

おトコ「怖いって!」

女「どうか横になられて。傷がまた開きます。先ほどは助けてくださって本当にありがとうございました。」

おトコ「ありがとううう!」

女「私たちのためにお怪我をされて…率直に申し上げてどうお礼をすればよいか…」

ゾロ「怪我したのはおれが弱ェからだ…お前らにゃ関係ねェよ。ともかく、あのデカブツがどこ行ったか知らねェか?おれの刀をまだ持ちやがって…」

女「動いたらダメです!安静にしててください!そんな傷で外に出るなんて…!」

ゾロ「うおおお!何で怪我してるほうの腕を引っ張るんだ、バカ野郎!」

女「きゃああ!ごめんなさい!」

おトコ「まあでも、すぐ治るよ!都にいたときガマの油を盗ん…買ってきたからね!」

ゾロ「盗んだってわけだな」

おトコ「この油で傷口をなでたらすぐ治るんだよ!刀傷だって消えちゃうんだ!」

ゾロ「牛鬼丸?」

女「都では有名人です。追い剥ぎ橋の牛鬼丸と呼ばれてます。どこに彼が住んでいるかは謎ですが…武装した人が橋を渡るのを待ち伏せしている僧兵なんです」

ゾロ「なるほどな、じゃあ急いで奴を追う必要はねェってわけか…
ところで、お前ら何者だ?あの死神みてェな野郎に狙われてたが…」

女「実は私たちは将軍を怒らせてしまったのです…それでもう都に足を踏み入れることはできなくて…」

ゾロ「将軍…?何て名前だったっけな…オロ…オロシ…」

女「オロチです」

おトコ「私はトコ。名前の前におを付けたらおトコだね。男じゃないけど。面白いでしょ」

ゾロ「いや、別に」

女「あなたはよそ者ですよね?この国の侍みたいに振る舞ってるけど。でもあなた悪人っぽく見えr…見えないです」

ゾロ「言い直すなよ」

女「秘密にしていただきたいのですが…兄を探してるんです。この20年会っていません。いまワノ国にいるかもしれないのです。兄の名は…光月モモの助。私は妹の日和です」

ゾロ「!!?」

べべん!



-ネタバレ

Copyright© ワンピースの館 , 2019 All Rights Reserved.