【ワンピース考察】ミンク族と満月、真の力解放

投稿日:

第886話“生き様でちゅよ”の一コマ。

ミンク族のキャロットがこんなことを気にしていた。

「ねー チョニキ


今夜は“満月”かなあ」

真の力と月夜

ミンク族 奥の手
何故、ジャックとの戦いの時にその“真の力”使わなかったのか?

その理由としては…

①使えなかった
→特定の条件が揃わないと使えない力?

②使わなかった
→実力が拮抗しており、使うまでもないと思った?
(使ってしまうと相応の代償があったり?)

ミンク族 月
ここまでのゾウ編で2度ほどワンダの口から語られた、「月」に関しての意味深な発言。
どちらもそれ以上踏み込む事なく、スルーしてるけど伏線と考えられる。
この月により、ミンク族の“真の力”が解放されるのでは?
これが①の特定の条件が揃わないと使えない力なのではないか。

戦獣民族 ミンク族
戦闘民族 サイヤ人

やはり、満月の日に巨大化などの変化をするのでは?

鳥山先生を尊敬されている尾田先生ならではの発想だと思います。





-考察

Copyright© ワンピースの館 , 2018 All Rights Reserved.