モーガン

モーガン
元海軍第153支部大佐。ヘルメッポの父親。
右腕の義手が斧型の武器となっており、鉄柵を両断するほどの切れ味を誇る。異名は「斧手のモーガン」。かつては誇り高い海兵で、軍曹時代に海賊クロと交戦し、右手と顎を潰されるほどの瀕死の重傷を負ったが、命乞いをしない根性を気に入ったクロに自身を世間的に殺す計画のため生かされた。
そしてジャンゴの催眠術にかかり、偽者のクロを捕らえ処刑した。この手柄と腕っぷしが認められて少佐に昇格し、その後大佐にまで登りつめたが、権力と地位に対して異常に執着するようになる。本拠地であるシェルズタウンを恐怖支配しており、自分に逆らう者は民衆であろうと容赦なく処刑していた。

ルフィに倒され、部下に捕縛された後、死刑の判決が下り、海軍本部へ移送される。しかしその際、本部中将ガープを切りつけ、ヘルメッポを人質にして脱走する。
扉絵「コビメッポ奮闘日記」で描かれている。

投稿日:

Copyright© ワンピースの館 , 2018 All Rights Reserved.