人気記事

【ワンピース考察まとめ】″最強生物″ 四皇カイドウ

更新日:

カイドウ ワンピース
四皇と呼ばれる大海賊の一人。
鬼のような二対の大きな角と腰まで伸びるナマズ髭を蓄えた筋骨隆々の大男。
キッドたちが見上げるぐらいの大きさ。

笑い方は「ウオロロロ」

最強生物と呼ばれる理由

  • 過去に海賊に7度の敗北
  • 敵船の海賊船または海軍船に18回捕まる
  • 拷問を受けた回数は1000度をこえる
  • 40回の死刑宣告、しかしギロチンの刃や突き刺した槍がカイドウの体にはびくともせず、逆に粉砕してし、死刑のはずが逆に生き延びることに
  • 結果9隻の巨大監獄船を沈める
つまり、カイドウはこれまで敗北こそすれども誰も殺せなかったのである。そしてそれは彼自身も然り。というか、死ぬためにあえて自ら捕まったり敗れた可能性もある。

そして人は言う。

『一対一でやるならカイドウだろう』

趣味が自殺

カイドウ 自殺
あまりにも生命力・耐久力が高すぎて今まで自分自身も含め誰も殺すことが出来ず、それゆえ趣味が「自殺」と解説されてしまう程に強い自殺願望の持ち主となってしまった。
初めて姿を現した際も、死に場所を求めて空島から飛び降りるも死ねず、自暴自棄に陥り、最期の戦争を起こすことで「退屈な世界」を破滅させることを考えている。
この時、「うまくやったよ白ひげのジジイは」とも呟いており、マリンフォード頂上戦争に乗り込もうとしたのも自殺の一環である事が伺える。

一方で自分自身の強さには絶対的な自信を持っている様子。

カイドウとワノ国の将軍

ワノ国の「将軍」と手を組み、元ゴールド・ロジャーの仲間でありポーネグリフを製作した(古代文字の読み書きも伝わっている)光月一族の当主である光月おでんとその妻を処刑し、ワノ国を実質支配下に置いていることが判明している。

侍達のこれまでの経路・動向

カイドウと将軍が手を組み、ワノ国を制圧
カイドウ ワノ国

光月家当主おでん、そして妻(モモの母)が、カイドウと将軍により処刑

息子モモの助、家臣である錦えもんらはおでんに命を守られ国外へ逃亡

侍4人は、共に戦ってくれる同士を求め兄弟分のミンク族が居るゾウへ向かう

あえなく海上で遭難し、一行から雷ぞうがはぐれる
(その後、雷ぞうは当初の予定通り、一足先にゾウへ到着)

モモの助達はドレスローザに漂着

それを知ったドフラミンゴが追っ手を向ける
(カイドウ側からの指令か?)

追われるモモの助はパンクハザード行きの船に逃げ込む

その船は出港し、子供達と共にパンクハザードへ連れて行かれるモモの助
ワノ国 ワンピース

カン十郎が人質となり、錦えもんはモモの助を追ってパンクハザードへ向かう
(カン十郎はスクラップ場に落とされた後、能力で壁の中に隠れて寝ていた)

パンクハザードに着いた錦えもんは、モモの助を助ける為にケンタウロス部隊と戦闘
(その際ケンタウロス部隊から出た救難信号がサニー号に届く)

その後、錦えもんはローの能力でバラバラにされ、シーザーの施設に頭だけ捕らえられる
(胴体と足は自力でパンクハザード島内を逃げ回った?)
以降本編へ

カイドウはオニオニの実なのか?

カイドウの見た目、生物最強との異名から『オニオニの実の能力者ではないかと言われています。
本編では『鬼』という言葉が何回か出てきました。

親父…みんな…

そして…ルフィ…

今日まで…こんなどうしようもねえ

俺を…鬼の血を引くこの俺を…

愛してくれて…ありがとう

(574話「ポートガス・D・エース死す」)

「逃げない」んではない…

目の前の敵達が仲間をを追わんように…

「敵を逃さない」

その時のロジャーはまさに”鬼”!

仲間の悪口を言われたと一国の軍隊を

滅ぼした事もある

(588話「サボの海」)

「かいぞくしろひげ♪

オニよりこわい♪」

(550話「海軍本部」)

これらは全てロジャーに向けて言われている思われるので、ロジャーが『オニオニの実』の能力者の可能性が高いとも言われています。

だだし、『グラグラ』『メラメラ』といった悪魔の実が奪われている事を考えると、カイドウ達は悪魔の実の伝達を解明していて、ロジャーから奪ったのか引き継いだのもしれません。
ロジャー カイドウ

それが、ロジャーの言葉の意味なのかもしれませんね。

-キャラ図鑑

Copyright© ワンピースの館 , 2018 AllRights Reserved.