人気記事

【ワンピースネタバレ】第893話『C家36女フランぺ』

投稿日:

悶え苦しむルフィ。実力を認め始めていただけに、勝負の途中で
ルフィに「気を抜かれた」と考えたカタクリは失望を露わにする。
再び吹き矢で狙撃するフランペだが、見聞色で回避するルフィ

カタクリは物陰に隠れているフランペに気づき、歩み寄る。
兄に褒めてもらえるものと期待したフランペだが、カタクリは
漢の勝負につまらない水を差されたことに激昂し、口元をさらけ出して
怒鳴りつける。さらに、ルフィと対等な条件にするため
自らの腹を三叉槍で抉り、苦しげに吐血。麦わらを笑うなら
おれのことも笑えとフランペに告げるカタクリ

口が裂けたカタクリの姿に幻滅したフランペは、罵倒しながら
ガムをカタクリの顔面に吐きつけ、もう自分の兄とは認めない、
口が裂けた写真を国中にばら撒いてやると脅す。
「バケモノ」、「フクロウナギ」という侮辱に自らの幼少期を
思い出し、爽やかに笑みを浮かべるカタクリ

カタクリはルフィに謝罪。ルフィはいつかのクロコばりに、
海賊の勝負に卑怯なんて言葉は存在しない、回避できなかった自分が
悪いと返す。双方が覇王色を発動し、フランペ以下の外野は失神。
上着を脱ぎ捨て上半身裸になったカタクリは、ボクサーさながら
両拳にモチを纏ってルフィと対峙。もうお前を格下とは思わないと
告げるカタクリにルフィは感謝の言葉を述べ、拳を構える

【■拳と拳、タイマン!】

-ネタバレ

Copyright© ワンピースの館 , 2018 AllRights Reserved.